山の日がなぜ8月11日なのか?それは文字に秘密が!!

8月の豆知識なぜ8月11日, 山の日, 秘密

2016年から施行される8月11日の「やまの日」

なぜ8月11日が「やまの日」になったのかというと…実は文字に秘密が隠されていたんです!

山の日

文字の秘密

まず「8月」

数字で書くと「8月」ですが、漢字で書くと「八月」。。。

「八」の字をよ~~~く見てください。

なんとなく「山の形」に見えてきませんか?

811a

これで「8月」に決まり!

 

次は「11日」

「11」は「木」立っている姿を連想。

811b

…で、「8月11日の山の日」が完成!

 

これが由来のひとつともいわれてます。

…が、真偽のほどはわかりません?(某地元のラジオからの情報)

8月に決まった本当の理由は?

よく6月に祝日がないから「6月にしてくれれば…」という声もありますよね?

我が家の子どもたちもよくこんな愚痴を言ってます。

そもそも「山の日」は全国で山開きが行われる「6月の第1日曜日」という案があったようです。

…が、この案がでてきた時に、大手企業などから反対の意見が多数出てきたことで、あえなく頓挫。

次の候補として選ばれたのが「8月」。

8月にはお盆休みがあり、この前後に祝日をつなげても社会活動への影響も一番小さいので、企業側としては反対する理由はなくなりました。

そして、学生にとっても夏休み中なので、学校の年間授業時間にも影響が少ないというのも、重要な理由のひとつともいわれてます。

ちなみに6月に祝日を増やすとなると、学生の場合はその分の授業時間をどこかで補る必要がでてきて、夏休みや冬休みのどちらかが1日短くなることに…

11日の理由は?

お盆休みにつなげて連休にするために当初は「8月12日」という案があったそうですが、この日は『日本航空123便墜落事故』※1985年(昭和60年)が起こった日でもあり、大人の事情で見送られたという経緯があるようです。

紆余曲折、色々な後付け理由があるようですが、こうして「8月11日の山の日」が決まったわけです。

最後に

山の日の本来の意味・由来は…

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」

ちなみに…

日本の国土面積のうち、山地が占める割合は、約73~75%(約3/4)で、その中で、森林が占める割合は、約67%(約2/3)。

山あってこそ、自然豊かな国・日本!

次世代のためにも里山を大切にしなくっちゃいけないなぁぁ。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Posted by たかやん


PAGE TOP