8月といえば…

やっぱり、夏の夜空を飾る最大のイベントとして定着した3大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」
※3大流星群 しぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス座流星群(8月)、ふたご座流星群(12月)

2016年の今年は観測条件も特によくて、8月12日の22時が極大となって、翌日13日未明の月が沈むころが見頃になるみたいですよ。

観測する方角はどの方角でも大丈夫なんですが、絶対に観たいっていうのなら、放射点の「北東」の方角がおススメ!

運がよければ、流れている途中で急激に増光するのが観測できたり、火球を観ることができる可能性あります。

ただ、流れる速度が速いので、見つけた時には願い事を3つ言うのは難しいというのが、この流星群の残念なところなんですよね。

…とはいっても、ちょうど極大が夏休みとお盆休みの時期と重なることや3大流星群の中でも一番流れる個数多く、極大頃には1時間あたり30~60個も流れることもあって、私以外にも楽しみにしている人も多いんじゃないですか?

また、2016年から8月11日は「山の日」の祝日となったので、この日からお盆休みという会社も増えて、帰省先やキャンプなど夜空がきれいな郊外で家族そろって観測するっていう人も増えるかも…

夏の夜空の最大のイベント、楽しみましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事