もみじとカエデは同じなの?それとも…

11月の豆知識もみじ, イロハモミジ, カエデ

朝晩の気温の差があるほどに色づいてくるもみじ(紅葉)。

紅葉・もみじのイラスト

無料で提供しているもみじのイラストも、10月に入ってから少しづつですがダウンロードしていただける数が増えてきてます。

そんなもみじなんですが、よく「カエデと違うの」という声もありますよね?

正直な話、こうしてもみじのイラストを描いているにもかかわらず、そんなに意識して書いてはいなかったので、今さらですが調べてみると「ある意味正解」で、「ある意味勘違い」してました!

調べてみたことをまとめてみると…

・植物分類上では「もみじ」と「カエデ」の区別はない
・秋になって、赤色や黄色に色づいた木々を「もみじ」という
・カエデは、秋になって紅葉したカエデ類の総称

そもそも「もみじ」という単体の木は存在せず、一般的に「もみじ」はというと、カエデの中でも特定のもので、よくもみじとして描かれている「手の形をしたイロハモミジ」がそれです。

諸説はあるようですが、このイロハモミジの仲間の葉は形がよくて、鑑賞の対象になったことからだとか?

スポンサーリンク

カエデの種類

・イロハモミジ・ヤマモミジ・ハウチワカエデ・オオイタヤメイゲツ・ヒナウチワカエデ・コミネカエデ・ミネカエデ・アサノハカエデ・オガラバナ・カジカエデ などなど

手の形をしたものが多いです。※中には手の形をしていないものもあります。

つまり、カエデの種類の中で「手の形をした種類」の色づいたものが「もみじ」。

その中でも形の良かった「イロハモミジ」というのが、もみじの代表というわけです。

Sample Content

Sample Content

Posted by たかやん


PAGE TOP